まだまだやり直しのきく20代

20代の転職を知ろう

キャリア構築

何度も何度も転職を行うという場合を除いて、何歳で転職を行うべきなのかは悩ましいところです。そこで年代別に転職を行うことのメリットとデメリットを確認すると良いので、まずはは20代で転職を行うことのメリットとデメリットを見ていきましょう。
まずもっとも大きな20代で転職をすることのメリットですが、キャリア構築上のメリット、つまり自分に適性のある仕事に早く辿りつけるということです。誰だって自分の天職と言えるような仕事に辿り着きたいと思いますし、そうなるように初めての就職活動は頑張ります。しかし、まだ学生で世の中のことも仕事のこともわかっていない立場ではどのような仕事が自分に合うのかなかなかわかりません。そこで天職と言えるような仕事にたどり着くためにはある程度転職を重ねながら経験値を積んでいくことも大切になるのです。そして天職への出会いは早ければ早いほど人生の貴重な時間を注ぎ込める度合いが増えるので有利に働きます。そもそも天職という仕事に出会えても、年齢が高すぎると転職できないかもしれません。

失敗できる

また天職探しという意味では、20代のとっても大きなメリットとして失敗をしてもやり直しをすることが可能です。これが30代や40代では生活もかかっていますしそうもいきません。自分だけではなく自分に生活を依存している家族に対して迷惑がかかってしまうかもしれないからです。失敗してもいいしやり直す機会もあるというのが若さだけが持つ素晴らしい特権なので、この特権はフルに活用していきましょう。苦労は買ってでもしろという言葉がありますが、若い時の失敗は1つの経験として自分の財産になるのです。

金銭的なデメリット

一方20代で転職を行うことにはデメリットも存在し、一番大きなデメリットがお金関連と言えるでしょう。基本的に20代での転職活動であればまだキャリアの形成段階なので経験者採用とは言えません。そのためほとんどのケースで新人として採用されるのでせっかく少しずつでも上がってきていた給与が下がってしまうかもしれないのです。20代であれば30代ほど出費も多くないでしょうからそれでも大丈夫かもしれませんが、やはり収入は多いに越したことはありません。
また金銭的なデメリット以外のデメリットとして、これまでの勤務先で同期に支えられてきたというような場合、転職をしてしまうとそうした同期との絆が切れてしまう可能性もあります。転職先でももちろん新しい出会いはあるでしょうが、やはり新卒の同期という間柄は特別なのです。

年齢で見る転職のコツ!
管理人は20代の頃と30代の頃、そして40代の頃にも転職を経験しました。そうした経験から転職は何歳でもできるけど、年齢ごとにコツや方法論、気をつけるべきポイントには様々な違いがあると感じており、そうしたことの情報提供を当ウェブサイトでは行っています。なお管理人への連絡は【メールフォーム】までお寄せください。